トレーニングと音楽の生活

workoutでbody make!体を少しずつ変化させ、自信を持つ!音楽を聴いてモチベーションアップ!workoutの基礎知識!

初心者のダイエットやボディーメイクに最適!太らずに筋肉をつける!リーンバルク♬

おはようございます♬

 alexことアレちゃんです♬

 

昨日は大好きなチーズナンを食べて来ました♬

 

少し甘い感じのチーズナン♬モチモチとしてボリューム満点で本当に美味しい!

この何だけで500円ですよ♬

f:id:yusuke0530kun:20190705092232j:image
f:id:yusuke0530kun:20190705092236j:image

安い!写真では伝わりにくいですが、大きいので全部食べきれず持ち帰りました(笑)

カレーはほうれん草カレーです♬

 

 

さて♬

 

先日は好きなものを好きなだけ食べて筋肉をつける「ダーティーバルク」についてご紹介いたしました♬

 

ダーティーバルクは効果は絶大ですが見た目に変化が相当変わる、減量が相当しんどいので決意が必要ですね(笑)

 

今日は「ダーティーバルク」とは違い、脂肪をつけずに筋肉をつける「リーンバルク」についてご紹介します♬

 

まず、「リーン」て何?

 

リーンは贅肉がなく引き締まった体を表します♬理想の体型ですよね♬

 

出来るだけ体脂肪贅肉を付けずに筋肉を付けてボディーメイクをします。

 

簡単に説明しますと、摂取するカロリーを計算し、コントロールしながら生活をします。

 

よって摂取カロリーだけを気にしていれば良いため、オーバーカロリーにならなければ何でも食べて良いです♬

 

お菓子もスイーツもジャンクフードも良いです♬

 

摂取カロリーだけなので思ったよりもストレスは少ないですね♬

 

さらに脂質を控える、または摂取しない「クリーンバルク」という方法もあります♬

 

しかしクリーンバルクは摂取カロリーの制限がないため体重は増えて体脂肪も増えます(笑)

よってスタイルを気にしながらボディーメイクをしたい方は「リーンバルク」がおススメです♬

 

メリットは

・ストレスは少ない

・スタイル維持に最適

・健康的にボディーメイクが出来る

・減量期がない

・生活に変化がない

などがあります♬

 

ダーティーバルクは一気に体重が増えるため、実際はあまり体には良くないですね!

 

ただリーンバルクはPFCと言われる、たんぱく質、脂質、炭水化物のバランスを気をつけます♬

ただ何でも食べて良いです♬

 

ここでやっぱりデメリット(笑)

 

・摂取カロリーが制限されているため筋肉が付くまでに時間がかかってしまう。

 

・やはり摂取カロリーが制限されているため、空腹時がしんどい

 

・食事管理が大変

などがあります。

 

これからダイエットやトレーニングによってボディーメイクしようとする方はこのリーンバルクがおススメです♬

 

一気に糖質や脂質のカットをしてダイエットやボディーメイクをすると絶対に続きません。

 

摂取カロリーは大まかで大丈夫です♬

 

では1日の摂取カロリーはどれくらいでしょうか♬

 

「除脂肪体重×40cal+250cal」です。

 

除脂肪体重とは

 

「体重ー脂肪量」で表します。

 

例えば、

体重70kgで体脂肪率が15%の方は脂肪量が10.5kgです。

 

よって、除脂肪体重

 

70kgー10.5kg=59.5kg(約60kg)です♬

 

1日の摂取カロリーは

60kg×40cal+250cal

=2650cal

です♬

 

結構食べれますよね♬

まずは自分の体脂肪率を知りましょう♬

さらにしっかりとトレーニングをしましょう♬

 

PFCのバランスもとても大切になりますが、まずは初心者の方はこの1日の摂取カロリーを気にして生活をしてみて下さい♬

 

私はこのクリーンバルクなら頑張れそうです♬