トレーニングと音楽の生活

workoutでbody make!体を少しずつ変化させ、自信を持つ!音楽を聴いてモチベーションアップ!workoutの基礎知識!

vol.1 上級者の方にダイエット、workoutの基本を学んだ!

おはようございます!

alexです♬

 

先日ジムでworkoutしていて、ジム仲間の方と色々お話をしていました。

その方は、数々の大会へ出ていて活躍されている上級者の方です♬

もちろんすごい筋肉で、ジムにいるだけでオーラというか存在感が別格の方です♬

workoutのインターバル中にたわいもない話を3人でしていました。もう1人の方はworkout初心者の方でした。

 

上級者(A氏)の方が初心者(B氏)の方にworkoutの基本を伝えていて、私自身も改めて勉強になったのでみなさんにもご紹介します♬

 

ダイエットやworkoutは基本を理解することが1番大切である!

 

見様見真似で始めることが多いworkout、間違った鍛え方をしていると意味があまりないという。A氏はジムで他の方がフリーウエイトやダンベル、マシンなどを使用しworkoutをしている姿を見て、本当の姿勢、やり方を教えたくてモヤモヤする時があるそうです♬

 

しかし、話したこともなくいきなりやり方を教えても失礼にあたり、むしろありがた迷惑に思われても困るため言わないようにしているそうです♬

 

【ストレッチ】

前回、動的ストレッチと静的ストレッチをご紹介しましたが、やはりストレッチを間違えている方が多いようです。

workoutをする前のアップとworkout後のクールダウンを同じメニューで行なってはいけません。

 

workoutとストレッチは怪我をしないためにもセットですが動的ストレッチと静的ストレッチを使い分けましょう♬

 

workout前のストレッチは動的ストレッチです!可動域を広げ、効果的なworkoutができるようになります。静的ストレッチをすると、体がリラックスしてしまうため、これから高重量などのworkoutする時には思った以上にパワーが発揮できません。

 

逆に静的ストレッチはクールダウンに行います♬workout後は体温まっているので安静時よりも体が柔らかくなっています♬よってゆっくりと静的ストレッチを行いリラックスします♬

またworkout後の静的ストレッチは疲労回復を早める効果があるため、しっかりと行うべきです♬

 

【workout後の風呂】

数年前にworkoutを始めた時、私もこれは知りませんでした!

むしろworkout後のお風呂やサウナが楽しみでworkoutをしていたことを教えています♬

しかもworkout後のお風呂が良くないことを半年後に知りました(笑)もう少し早く知りたかった(笑)

 

特に会員制のジムには広い浴槽、広いサウナがあります♬またジャグジーなどもあるところもありますね!

 

静的ストレッチもせずにお風呂へ入ってリラックスすれば疲労回復になると思っている方みえませんか?

 

結論からいうとそれでは長時間のworkoutで疲れた体は回復しないのです!

 

なぜなら、浴槽やサウナ、ジャグジーは温かいですよね。サウナは70〜100度近くあります♬

人間の体は浴槽やサウナ、ジャグジーに入り、体が熱いと脳が感じると、体温を下げようとします!

体温を下げようと、皮膚に血液が集まるのです♬

 

ということは、workoutで筋肉が疲労しているにも関わらず、皮膚に血液が集まるため、疲れた筋肉は血液不足になってしまいます!

 

疲労した筋肉は血液がないと回復せず、老廃物が溜まってしまうのです!

 

よって筋肉痛がひどくなったり、体の疲れが取れなくなります♬

 

入浴やサウナで汗をかき、出た時はスッキリしているかもしれませんが、実は筋肉の疲れは取れていないのです♬

 

知らなかった方は今からでもworkoutと入浴を見直してみて下さい♬

 

ダイエット、ボディーメイク目的でworkout後は静的ストレッチを呼吸をしながらしっかりと行い、リラックスします♬

その後は、シャワーなどでさっと汗を流す程度が良いです♬体温を上げすぎないことが重要です♬

 

私自身もworkoutは39度くらいのシャワーで汗をなるべく短時間で洗い流すことを心がけています♬